シミの種類による予防と効果の高いケア方法

シミの種類による予防と効果の高いケア方法

シミの原因はメラニンの蓄積ですが、メラニンが蓄積する原因にはストレス・不規則な生活・偏った食事などさまざまあります。シミの種類によって原因が違います。原因が違うのでケアの仕方も違います。それぞれどんなケアをすると効果が高いのでしょうか。

 

肝斑

 

30〜40代の女性に多く見られるのが肝斑です。頬骨や額などに左右対称にできやすいです。原因としてはホルモンバランスの崩れが考えられます。

 

できるだけ紫外線に当たらないようにし、洗顔をしたり化粧品をつけるときはこすらないようにして肝斑を予防します。外に出るときは日焼け止めを塗ったり帽子や日傘で紫外線を防ぎます。

 

肝斑には「肝」という字が含まれているように、肝臓が関係しているも考えられます。薬膳では赤い食べ物、酸っぱい食べ物が肝臓によいとしています。クコの実は滋養強壮作用があり肝臓によい食べ物でおすすめです。

 

色素沈着

 

ニキビなどの炎症でメラニンの生成が促されて跡になってしまったものが色素沈着です。1〜2年で自然と消えるケースがあります。

 

ニキビができないようにケアして予防します。ニキビは乾燥するとできやすいので、保湿ケアをしっかりしましょう。ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールする、炎症を抑える働きがあり、ニキビや色素沈着に効果的です。

 

すでにできている色素沈着を悪化させないように、紫外線を防いで触らないようにしましょう。

 

老人性色素班

 

長年紫外線を浴びてできるシミです。老人性色素班はセルフケアでは治らないシミです。皮膚科を受診してケアします。

 

これ以上シミが悪化しないように紫外線対策をしっかりします。

 

体の内側で発生する活性酸素もメラニンを生成してシミを作るので、食事で内側もケアします。

 

緑黄色野菜・果物などに豊富に含まれるポリフェノールなどには抗酸化作用があり、活性酸素から体を守る働きがあります。トマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニン、鮭のアスタキサンチンなどがあります。